和菓子

開運堂 『開智』

文明開化の頃、行政が近代教育に取り組む熱意と、巨額な建築資金を住民がすべて篤志で賄う心意気により、「開智学校」は明治9年、全国に名だたる信州教育のシンボルとして見事落成したという先人の情熱とロマンをしのんで作られた、長野県松本市 開運堂さんのふやき菓子です。

ふやき菓子は軽く焼きあがったものほど上等なものとされるそうです。

お腹にたまらないので、お茶受けによいお菓子です。

https://www.kaiundo.co.jp/

関連記事

  1. 和菓子

    豊島屋の『山ぶどう』

    山間の茂みに山葡萄が小さな房をつけ、その甘酸っぱい粒を口にすると、秋の…

  2. 和菓子

    尾張屋傳座衛門 『蕎麦板』

    蕎麦板は、小麦粉・砂糖・卵・そば粉・ゴマ・食塩で作られた、シンプルなお…

  3. 和菓子

    長久堂の『花面(はなおもて)』

    能楽の面 「おもて」をかたどった干菓子です。能楽は、幽玄の美を…

次回のお茶会

2017年7月24日(月)18:30~20:30

日本橋コレド室町2 「橋楽亭」にて

月に一度の繭ごもりの茶会

テーマ「麻刈り」

→お問い合わせはこちら

  1. ビジネス茶道

    ワーママも深呼吸の時間を
  2. ビジネス茶道

    雑誌『MacFan』にビジネス茶道の記事が掲載されました
  3. ビジネス茶道

    マイナビ連載 茶室インタビュー第2弾
  4. 和菓子

    豊島屋の『山ぶどう』
  5. 活動レポート

    2017年7月 「繭ごもり」の茶会を開催しました
PAGE TOP