ビジネス茶道

ワーママも深呼吸の時間を

先日、現在育児休暇中の方から茶道体験のお申し込みをいただきました。

1才のお子様のお母様で、まもなく復職されるそう。ご主人様はお仕事で地方勤務とのこと。

「多忙な日々となることは容易に想像できるのですが、復職後、自分自身のための時間を確保し、少し立ち止まり深呼吸するために、茶道をこの機会に学ぶことができれば」

とのことでした。

先週、茶道体験に来てくださった方も、お子様を保育園に預けてお仕事をしていらっしゃるお母様でした。

近く、出産前に所属されていた、忙しい現場の部署に復帰されるとのことでした。

私も会社に勤めていた時代、残業が続いていても、時間をやりくりして、お茶のお稽古の時間はなんとか確保しました。

仕事を終えて、お稽古に駆け込み、お稽古を終えて自宅に帰ると23時近くになりますが、それでも帰り道の足取りは軽く、頭もスッキリしていて、無理なく続けていました。

その後、3人の子どもの出産育児の間は、少しお稽古のブランクができましたが、それでも、当時の先生のご好意で、他のお弟子さんがいらっしゃらない時間に

赤ん坊をおんぶしながら
子どもを脇で寝かせながら
幼稚園の合間に

お茶室に伺って、しばし自分のためのお稽古の時間を持つことが出来たことは、茶道をする上でも、子育てにおいても、自分の人生にとっても、それはそれは大変ありがたいことでした。

時には、家事育児の愚痴をこぼしながら、戦前生まれの先生の明るい人生観に救われていました。

お茶室では、職種、世代、時代を越えて、視野が広がるのです。

私は、産後ケアリストとしての勉強もしましたが、かねてから、産前産後や育児に追われるパパやママに、抹茶と和菓子で一息ついていただいたり、茶室で静かな時間を過ごしていただくきっかけが出来れば、と思っています。

こんなふうに思ってくださる働くママたちがいらっしゃると、私も嬉しくなります。

お茶室でのひと時が、お仕事での集中力を高め、時間に追われる育児のゆとりになれば、こんなに嬉しいことはありません。

茶道を学ぶ中で身につく美意識や感性、禅語や古典や歴史などの教養が、必ずや、仕事にも子育てにも良き力となるはずです。

そしてお休みには、ご家族でお茶室で茶道を楽しんでいただく‥

こうした時間は、働くことと暮らすことがうまく両立していく力になると思います。

社会全体、経営者や人事担当者の方々にも、そうした視点からの働き方支援が必要とされてきています。

茶道×働くこと=人生の豊かさ

そんなお手伝いをしています。

関連記事

  1. ビジネス茶道

    茶道とコーチングの共通点は『本質を問う』

    マイナビニュースの連載です。今回は茶室でインタビュー企画の第一…

  2. ビジネス茶道

    雑誌『MacFan』にビジネス茶道の記事が掲載されました

    雑誌『MacFan』9月号に、ビジネス茶道の記事を掲載していただいてい…

  3. ビジネス茶道

    マイナビニュース連載始まりました

    マイナビニュースにて、ビジネス茶道についての連載がスタートしました。…

  4. ビジネス茶道

    フランスのお客様を茶室にお招き

    フランス ジェモセラピー エルビオリス社のお客様をお茶室にお招きいたし…

  5. ビジネス茶道

    ビジネス茶道とは

    ビジネス茶道とは、自分自身のための静かな時間を持つことで脳の疲れを癒し…

  6. おすすめ本

    『世田谷ライフ』No63 に掲載していただきました

    ビジネス茶道を、世田谷ライフ 63号の レコメンドに掲載していただきま…

次回のお茶会

2017年7月24日(月)18:30~20:30

日本橋コレド室町2 「橋楽亭」にて

月に一度の繭ごもりの茶会

テーマ「麻刈り」

→お問い合わせはこちら

  1. ビジネス茶道

    雑誌『MacFan』にビジネス茶道の記事が掲載されました
  2. 和菓子

    開運堂 『開智』
  3. 和菓子

    尾張屋傳座衛門 『蕎麦板』
  4. ビジネス茶道

    マイナビニュース連載 ビジネス茶道①
  5. 活動レポート

    月に一度の繭ごもりの茶会@日本橋
PAGE TOP